イベント情報はこちら

美術館は誰のもの? レンブラント『夜警』の世界的美術館が10年も閉館! 大改修のてんやわんやな舞台裏。

みんなのアムステルダム国立美術館へ

2014年12月より 渋谷・ユーロスペースにて公開 他全国順次

≪View Paint フェルメール『牛乳を注ぐ女』≫特別展示

絵画を三次元空間として体験できる新しい絵画鑑賞システム≪View Paint≫を期間限定で特別展示。フェルメール『牛乳を注ぐ女』を、後ろや上などさまざまな角度からご覧いただけます。

会場: ユーロスペース(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS3F tel.03-3461-0211)
12月20日(土)~1月17日(土) 『みんなのアムステルダム国立美術館へ』上映時間内に展示
開発・提供:凸版印刷株式会社

製作・著作:凸版印刷株式会社 監修:小林頼子(目白大学教授)
©Toppan Printing Co., Ltd. / Original photo data (Het melkmeisje [The Milkmaid] by Johannes Vermeer) : ©Rijksmuseum Amsterdam. Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt

連続トークショー開催!

ユーロスペースでの映画上映後にトークイベントを開催。美術館のさらなる裏側をのぞけるかも?(※映画をご覧のお客様が対象です)

ユーロスペース
14:10の回上映後
12月20日(土) 片岡真実(森美術館学チーフ・キュレーター)
12月23日(祝) 藤原えりみ(美術ジャーナリスト)
1月10日(土) 木下史青(東京国立博物館デザイン室長)

川崎市アートセンター
15:05の回上映後
1月10日(土) 平井直子(川崎市市民ミュージアム学芸員グラフィック担当)、岩槻歩(同館映画担当)

初日&2日目来場者プレゼント

12月20日(土)にご来場のお客様にオランダ名物、カラメルシロップを柔らかいワッフルではさんだゴウダズギルド「カラメルワッフル」をプレゼント。(提供:三菱食品株式会社)

12月21日(日)にご来場のお客様にアムステルダム国立美術館オフィシャルスポンサーでもあるハイネケンの期間限定デザインシティボトルをプレゼント。(提供:ハイネケン・キリン株式会社)
美術館・建築関係者割引実施!
ユーロスペースで美術・建築にまつわるお仕事の方や学生向けに特別割引を実施します。ご鑑賞当日、劇場窓口で名刺や学生証など身分の証明できるものをご提示いただくと一般・学生とも当日料金より300円引きでご鑑賞いただけます。美術館職員、ギャラリスト、評論家、建築家、美術・建築専攻の学生など、美術や建築に関わる仕事の方、そしてそんな仕事を目指す方はどなたでもOKです。

コメント

改築ならぬ改修に、なぜ10年もかかったのか? 
市民社会の公共建築物は、本来そうあるべきだからだろう。
―山田五郎(評論家)

芸術作品に愛情を注ぎ込み、
最善の状態で一般公開するための苦悩と努力。
その美術館の舞台裏が興味深い。
―岩井希久子(絵画保存修復家)

あっちでハラハラ、こっちでドキドキ。
あの人はイライラ、彼らはブツブツ。
そんな山盛りのゴタゴタが10年も?!
これは、リアルで必死で(観客は)ちょっと笑える“想いのバトル”。
嘘のような奇跡の記録です。
―襟川クロ(映画パーソナリティー)

真に“みんなの美術館のあるべき姿”を知るためにこの映画は必見だ。
共感と同意と困惑と決断、そして…
―木下史青(東京国立博物館 デザイン室長)

みんな本気で考えた。だから揉めた。悩んで怒って呆れ果てた。
でも、みんな納得の美術館が出来上がったという
そんな素敵なお話しです。
―森山高至(建築エコノミスト)

美術館、「つん」とすました絵のある所だと思っていた。
本当は喜怒哀楽が溢れ出る人間の場所だったのですね。
―幅允孝(ブックディレクター)

開かれた美術館を目論む建築家とスタッフ。
これに対抗するサイクリスト協会の白熱の闘い。
息詰まる美術館映画の誕生だ。
―北川フラム(アートディレクター)

順不同

カレー沢薫(漫画家、コラムニスト)
アムステルダム国立美術館もびっくり。東京都写真美術館(写美)ニュース別冊&カレー沢薫『クレムリン』出張版「ニァイズ」は毎月第三水曜日発行。美術館の広報誌とギャグ漫画のジョイントはきわめて異例。全面改装のため、写美もただいま休館中。リニューアルオープンは2016年秋の予定だニャ!
http://syabi.com/contents/extra/nya-eyes.html

イントロダクション

美術館の改修をめぐって、館長やキュレーター、建築家、政治家、そして市民までをも巻き込んだ、笑いと涙の大騒動。10年もの閉館をへて、ついにアムステルダム国立美術館が生まれ変わる!

2004年、200年の歴史をもつアムステルダム国立美術館の創立以来の全面改修が始まった。だが美術館を貫く公道の設計に、「自転車が通りにくい!」と自転車王国アムステルダムの市民が猛反発。大騒動がまきおこる。おかげで工事は中断をかさね、再オープンは当初の2008年から果てしなく遅れるはめに。それぞれの意見やこだわりがせめぎ合い、美術館の誰もが疲労困憊。だがその苦労が、やがて “みんなに開かれた美術館”を息づかせ、ついに輝かしいグランドオープンの日が訪れる―。

レンブラント、フェルメール、金剛力士像。そして個性豊かな美術館の人々。映画館でしか見られない、美術館の素顔。

本作は国家最大の美術館が10年も閉ざされた“事件”の顛末を追いながら、“美”をつくる現場をのぞき込むことのできるドキュメンタリー。10年の間に館長が突然交代、市民のみならず建築家・内装家とも対立し、資金難に悩み、サザビーズでは落札失敗―。そんな中、学芸員は展示を刷新し、オランダが誇る至宝の数々も修復されてゆく。日本では考えられないほど包み隠さず描かれる、美術館商売の舞台裏。みんなの想いをうけて動きはじめる新たな美術館に、きっとあなたも訪れたくなる!

アムステルダム国立美術館 The Rijksmuseum

アムステルダム国立美術館 The Rijksmuseum

オランダの首都アムステルダムにある国最大の国立美術館。200年の歴史を誇る。レンブラント『夜警』やフェルメール『牛乳を注ぐ女』など、17世紀オランダ黄金時代の傑作絵画をはじめ、オランダが世界に誇る至宝の数々を所蔵する。そのコレクションはパリのルーブル美術館やロンドンの大英博物館にも匹敵。
10年の閉館の後、2013年4月に再オープンした美術館は、一日に14000人もの来館者を集める成功をおさめている。すぐ隣のゴッホ美術館とならんで旅行者が必ずと言ってもいいほど訪れる観光名所でもある。

【主な所蔵品】
レンブラント・ファン・レイン『夜警』『青年期の自画像』/ヨハネス・フェルメール『牛乳を注ぐ女』『手紙を読む青衣の女』/ヤン・アセイレン『威嚇する白鳥』/ヘンドリック・アーフェルカンプ『スケートをする人々のいる冬景色』/フランス・ハルス『陽気な酒飲み』

アムステルダム国立美術館公式サイト https://www.rijksmuseum.nl/

人物相関図

スタッフ

監督 ウケ・ホーヘンダイク Oeke Hoogendijk

監督 ウケ・ホーヘンダイク

1961年オランダ生まれ。舞台監督としてキャリアをスタートし、1997年からテレビ用のドキュメンタリーを監督。ホロコーストを逃れたオランダ系ユダヤ人について描いた『Een gelukkige tijd (The Saved)』(98)は、オランダ・アカデミー賞で最優秀TVドキュメンタリー賞受賞。02年にもホロコーストを題材にした『The Holocaust Experience』(02)を発表している。2014年の最新作『みんなのアムステルダム国立美術館へ』は撮影に10年をかけた力作である。

撮影監督:サンダー・スヌープ、グレゴール・メールマン
録音:マーク・ウェスナー
音響:ミシェル・ショーピン
音楽:モーリス・ホルストフイス
編集:ハイス・ゼーヴェンベルヘン
プロデューサー:ハイス・ファン・デ・ウェステラーケン
コプロデューサー:Discours Film / NTR
アソシエイトプロデューサー:ピーター・ファン・ハイステ

劇場情報

北海道・東北地区 北海道 札幌・シアターキノ 011-231-9355 上映終了
青森県 フォーラム八戸 0178-38-0035 上映終了
宮城県 チネ・ラヴィータ 022-728-7866 上映終了
山形県 フォーラム山形 023-632-3220 上映終了
福島県 フォーラム福島 024-533-1717 上映終了
関東・甲信越地区 東京都 渋谷・ユーロスペース 03-3461-0211 上映終了
東京都 角川シネマ新宿 03-5361-7878 上映終了
東京都 イオンモール多摩平の森3F イオンホールB 042-582-3136 上映終了
神奈川県 横浜 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 上映終了
神奈川県 川崎市アートセンター 044-955-0107 上映終了
神奈川県 アミューあつぎ映画.comシネマ 046-206-4541 上映終了
群馬県 シネマテークたかさき 027-325-1744 上映終了
千葉県 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 上映終了
中部地区 愛知県 名古屋シネマテーク 052-733-3959 上映終了
静岡県 静岡シネギャラリー 054-250-0283 上映終了
長野県 松本 CINEMA セレクト 0263-98-4928 上映終了
新潟県 シネ・ウィンド 025-243-5530 上映終了
新潟県 高田世界館 025-520-7443 5月30日(土)~
石川県 金沢シネモンド 076-220-5007 5月16日(土)〜
富山県 氷見キネマ 0766-54-5280 上映終了
富山県 フォルツァ総曲輪 076-493-8815 上映終了
関西地区 大阪府 シネリーブル梅田 06-6440-5930 上映終了
京都府 京都シネマ 075-353-4723 5月16日(土)〜
兵庫県 神戸アートビレッジセンター 078-512-5353 上映終了
兵庫県 豊岡劇場 0796-34-6256 上映終了
中国・四国地区 広島県 シネツイン 082-962-7772 上映終了
岡山県 シネマクレール 086-231-0019 上映終了
山口県 山口情報芸術センター 083-901-2222 上映終了
九州・沖縄地区 福岡県 KBCシネマ 092-751-4268 上映終了
大分県 大分シネマ5 097-536-4512 上映終了
大分県 日田シネマテーク・リベルテ 0973-24-7534 6月20日(土)~
佐賀県 シアターシエマ 0952-27-5116 上映終了
熊本県 Denkikan 096-352-2121 上映終了
鹿児島県 ガーデンズシネマ 099-222-8746 上映終了

TOP